メンズのキャップで女の子のあなたもカッコかわいくかぶりませんか?

男の子

キャップのお手入れ方法

おしゃれに使うキャップは、今や夏だけでなく、年中使うアイテムになっていますよね。でも、夏の間被っていたキャップは汗のイヤな匂いや汚れがついたままになってい…

MORE ▶

ほしいキャップデザイン

若者の間では、毎年色々なデザインのキャップが増えてきていたり、形格好を変化させたりしながら新しいキャップが生み出されています。そして大体数年おきに何らかの…

MORE ▶

キャップのコーディネートを考える

近年、ストリート系のカジュアルファッションなどの流行により、多くのファッションにおいてキャップが取り入れられるようになりました。一口にキャップといっても、…

MORE ▶

キャップファッションはバランスが大切

近年トレンドとして女性がボーイッシュにキャップを被るファッションが挙げられています。特に個性的なファッションやボーイッシュなファッションを好む人にとっては…

MORE ▶

女の子もメンズのキャップでカッコかわいく

◆男女問わず人気のキャップを買うならこちら
最近人気のスタイルとしてキャップが注目されています。トレンドを取り入れておしゃれになるならぜひキャップを自身のファッションに組み込みましょう。どんな服にも合わせやすいキャップも揃っているのでご覧になってみてください。


最近のキャップはとても女の子らしくて可愛いものが多くありますね。パステルカラーだったり、シンプルなものでもワンポイントがオシャレに可愛かったり、どんなジャンルのファッションにも、それぞれに合うキャップがあって、コーディネートのポイントになりますよね!わたしは子どもたちとアウトドアでいっぱい遊ぶときに、よくキャップを被ります。
ママといえばハットというイメージが多いかもしれませんが、キャップの方が遊ぶときに風を気にしなくていいし、何よりスポーティーな感じで、子どもたちと全力で遊ぶことが出来ます。キャップを選ぶときにレディースのコーナーだけでも種類がたくさんありますが、わたしはメンズのコーナーにも行って選んでいます。
メンズのものはやはり少しサイズが大きいですが、キャップのつばの部分が大きいので、日焼けを気にする女子にはちょっと嬉しかったりします!また、メンズのキャップにも女の子が被れそうなデザインな可愛くてオシャレなキャップもあるんです。
そんなキャップを掘り出したときはとても嬉しいし、他の女の子とキャップがかぶる心配がないので、わたしはメンズのキャップも愛用しています。使う場面や、全体のコーディネートで使い分けると、オシャレをもっと楽しめますよ!

キャプの選び方はキャップの種類を参考に

キャップには数種類あり定番人気のキャップにベースボールキャップがあります。頭の形にそった丸いトップ部分に、前方にだけツバのついた帽子の事を言います。男女問わず子どもから大人まで使用しやすいデザインとなっていてバックでサイズ調節できるものと、できないものがあります。特に丸顔さんが被ると帽子のツバが影になり輪角がシャープに見えます。
ベースボールキャップはトップ部分が丸いのですがそれが平らになっているのがワークキャップです。頭周りの幅が広く作られているので比較的頭が大きめの方でも無理なくかぶれるゆとりのあるキャップなんです。ロゴがないシンプルなデザインが多いので目立ちすぎる心配もありません。トップが浅い帽子を多く面長の方にぴったりのキャップです。
そして女性に人気が高いのがマリンキャップです。ツバが大きく出ていないのでカジュアルすぎずお洒落な印象を与えてくれます。同じく女性に人気のキャスケットと同じだと思っている方が多いのですがキャスケットはベレー帽やパンチングの一種でマリンキャップはキャップの一種なんです。どんな顔立ちにもよく似合う帽子とされていますが特に顎がシャープな三角顏さんにおすすめです。

キャップは私の持ち物と言うより友である

とにかく私はキャップが好きでたまりません。従って今まで被ってきたキャップは数え切れないほどになります。子供の時代には野球帽をどこへ行くにも必ず被っていましたし中学高校と学生時代には学生帽を又成人になってからは登山帽いわゆるチロリアンハットをよく被っていました。
それ以後中年になってハンチングに興味が出てきました。自分に似合うかどうかは二の次で洋服を合わせて靴もハンチングに合わせていたものです。最近では又子供時代に戻って野球帽を被る機会が増えて来ました。
キャップのいい点はどんなぼさぼさ髪でもヘアースタイルを気にしないでキャップを被って何処にでも外出できることです。現在はあるスポーツメーカーのロゴ入りの野球帽にはまっていますが孫たちが私の誕生日のプレゼントとして贈ってくれたハンチングも気に入ったキャップと言えるでしょう。おじいさんがキャップ好きであることを知っている孫たちが一生懸命選んでくれたものなのです。とても大事にしており使わない時はきちんと洋服ダンスの中の帽子掛けに保管しています。
とにかくキャップは私にとって大切な持ち物あると共に切っても切れない友人でもあると言えるでしょう。お気に入りのキャップたちと共にこれからも人生を楽しんで行きたいと思っています。